最新の映画レビューはこちら

【おすすめ映画】妻が選ぶ、夫婦で観たい洋画トップ5!

レビュー

小さい子どもがいると、映画館で映画を観るってなかなかハードルが高いですよね。

行けたとしても、子ども向きの映画だったり。

そこで、わが家ではレンタルショップやインターネットで映画を借りて、子どもが寝静まった後におうち映画鑑賞会を楽しんでいます。

夫婦ともに映画好きというのもあり、それぞれが観たいものをいくつかチョイスして、一緒に観ています。

家で映画を楽しむなら、映画館のような臨場感や迫力&音質も楽しみたいので、新居購入のタイミングで巨大テレビとBOSEのスピーカーを購入しました。

さて、それでは早速、妻おすすめの夫婦で観たい洋画トップ5を紹介します!

【第5位】幸せのちから(THE PURSUIT OF HAPPYNESS)

ウィルスミスと彼の実の息子が共演している、アメリカンドリームを手に入れた実在人物の映画です。

愛する息子のために苦労しまくり耐えまくる、ホームレス時代の過酷な日々は涙ものです。

息子の前ではいつも笑顔でユーモアある言葉を発し、強く優しい父親でいますが、泊まる所がなく駅のトイレに息子と身を潜め、息子が寝た後に声を押し殺して一人泣くシーンには思わずこちらも涙しました。

努力家で息子想いの主人公が必死に生きる姿、それはもう素晴らしいです。

成功を手に入れたときは、ほうっと安堵し、拍手を送りたくなりました。

ゲッソリ痩せて役作りをしたウィルスミスもすごいです。

【第4位】ビッグ・フィッシュ(BIG FISH)

ティム・バートン監督の、ウソのような本当のような、奇想天外かつファンタジックなお話です。

父親に、見えない壁を感じている息子。

若き日の父親の体験を聞くうちに、父親への理解が深まっていく映画です。

空想と現実が混じり、何が本当で何が想像かわからなくなりますが、想像力豊かな父親の人生はキラキラしていて、疑いながらも引き込まれてしまいます。

ラストは感動!

【第3位】イエスマン(YES MAN)

こちらもジム・キャリー主演の映画です。

ざっくり言うと、「ノー」ばかり言う生活から「イエス」しか言わない生活に変えたら人生が変わった!というお話です。

「イエス」しか言わないことで山あり谷ありな日常を送ることになりますが、人生が彩り豊かになり大切な出会いもあり、観ていて気持ち良いです。

自分を変えられるのは自分しかいない、勇気を出して一歩踏み出してみよう!と思わせてくれる映画です。

【第2位】トゥルーマン・ショー(THE TRUMAN SHOW)

1998年の映画ですが、その斬新なストーリーはとても新鮮でおもしろいです。

まさか生まれたときから周りの全てが作り物だったなんて…!

ジム・キャリー演じるトゥルーマンに、好感と哀れみの意を抱くこと間違いなしです。

わが家では年に一度は必ず観ています。

【第1位】グレイテスト・ショーマン(THE GREATEST SHOWMAN)

一番最近観た洋画の中で、夫婦揃って一番気に入った映画です。

3日連続観て、さらにyoutubeで毎日サウンドトラックを聴いています。

ミュージカル調でストーリー展開のテンポが良く、何より曲が全部素敵でグッと惹き込まれます。

主人公の紆余曲折あるサクセスストーリーにワクワクし、家族愛に心温まります。

何度観ても飽きません。

番外編:夫婦で観たいおすすめ映画

上記の5つはダントツでおすすめの夫婦向け映画ですが、もちろん他にも観ていただきたい洋画がいろいろあります。

こちら、観終わったあとはほっこり心が温まること間違いなしの洋画です!

  • 素晴らしき哉、人生!(It′s A Wonderful Life)
  • ライフ・イズ・ビューティフル(Life is Beautiful)
  • きみに読む物語(The Notebook)

一方、こちらは何も考えずボーッと観られるハイテンションな洋画です。

ちょっとお下品な表現もありますが、シリーズで観たくなり、なぜか病みつきになります。

わたしはこの映画でジェイソン・ステイサムが大好きになりました(笑)

  • アドレナリン(シリーズで2作あります)

以上、妻が選ぶ、夫婦で観たい洋画の紹介でした。

ぜひ一度ご覧になってみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました