最新の映画レビューはこちら

妊娠中のパニック発作、お腹の赤ちゃんは苦しい?パニック障害ママが思うこと

ライフ

『ママがパニック発作中って、やっぱりお腹の赤ちゃんも苦しいのかな?』

これはわたしが妊娠中、ずっと疑問に感じていたことです。

調べてもはっきりした答えが見つからず、医者に聞いてもよくわからない返答…。

どうにか赤ちゃんの様子がわかる方法はないか考えていたら、ある時ふと気がついたんです。

そうだ!胎動でわかるじゃん!!と。

胎動は、ママと胎児がとれる唯一のコミュニケーション。

胎動の有無や激しさで、赤ちゃんが元気かどうか判断できます。

パニック発作中に胎児の様子が気になる方は、ぜひ胎動を意識してみてください。

発作中でも元気に動いているようなら安心。赤ちゃんは元気です。

逆にしばらく胎動がないようであれば、すぐに受診を!

こんな人におすすめ
  • パニック障害がある妊娠中の方
  • 妊娠中のパニック発作で赤ちゃんが苦しんでいないか心配な方
  • パニック発作が赤ちゃんに影響を与えないか不安な方

妊娠判明から出産までのお話はこちら。

パニック発作と胎動(体験記)

妊娠初期:パニック発作とつわりのダブルパンチ!

妊娠初期はパニック発作とつわりの辛さで、正直赤ちゃんのことを考えている余裕がありませんでした。
そもそも妊娠初期はまだ胎動がありません。

お腹もそんなに出ていなかったので、自分の体調のことしか考えておらず…。

『この苦しい日々はいつ終わるんだろう』

『わたしはいったいどうなるの』

そんな鬱々とした気持ちで過ごしてました。

妊娠中期:パニック発作中の胎動が気持ち悪い

妊娠中期に入ってしばらくすると、少しずつ胎動を感じるようになりました。

パニック発作の最中にも、ムニュムニュと赤ちゃんが動いているのがわかるほど。

普段、体調が良いときは「動いてる動いてる~!」と嬉しいんですが…

パニック発作中のムニュムニュした胎動は正直すごく気持ち悪かったです。

過呼吸でゼェハァしながら、『なんでこんなときに動くの~!』『呼吸に集中したいのに気が散るよ~じっとしててよ~1人にしてよ~!涙』と、そんなことを考えながら倒れてました。

妊娠後期:パニック発作中の胎動が激しく感じる

胎動は、胎児の成長とともに強くなります。

そのため日が経つにつれて、パニック発作中の胎動もどんどん激しくなりました。

妊娠後期になると、ムニュムニュっていうのがグリリーン、ドンドン!グニュグニュ~!という力強い動きになって。

パニック発作中も、普段と変わらず激しく動いていました。

むしろ発作中のほうが、普段より余計に激しく動いていた感じ。

(パニック発作中は全神経が過敏になるからそう感じたのかも?)

母体がしんどいときは赤ちゃんもしんどいと思っていたので、

『ごめんね、しんどいよね、ごめんね。』

『もうちょっとでおさまるから、ちょっとじっとしててほしいな。ごめんね。』

と、いつも心の中で唱えてました。

ふぁみまま
ふぁみまま

『NST中にパニック発作が出たら、赤ちゃんが苦しんでいるかどうかわかるのにな~』って何度思ったことか。でもそんなにタイミング良くパニック発作は出ないんだよね。

胎動は元気な証拠!パニック発作中、赤ちゃんは苦しくないのかも

しかし、ある日ふと気がついたのです。

パニック発作中の胎動は赤ちゃんからのメッセージである、と。

『僕は大丈夫だよ、ほら、こんなに元気だよ~!心配しなくていいよ~!』

お腹の中からそう伝えてくれているような気がして、それ以来、発作中の胎動がイヤじゃなくなり逆にお守りのようになりました。

この子は元気。大丈夫。苦しくなってない。

ほらほら元気出して~!ってバタバタ動いてくれてる。

私は1人じゃない。この子がついててくれてる。

大丈夫。私も赤ちゃんも、大丈夫。

発作のたびにそう感じるようになって、胎動がどんどん愛しくなりました。

『ありがとう。安心させてくれて、ありがとう。』

胎動を感じながらそういう気持ちが溢れてくると、不思議なことに発作が軽くなっていきました。

しんどくなっても、発作の長さが短くなったり倒れるまでに至らなくなったりしたのです。

胎動が激しすぎて、発作中に笑えてきたこともありました。

赤ちゃんに、救われました。

赤ちゃんに、たくさん助けてもらいました。

お腹から、いっぱいエールを送ってもらいました。

胎動は、たくさん動いていたら元気な証拠。

逆に、じっとしていて全然動かないのは危険な証拠。

だから、発作中に胎動がある=赤ちゃんは元気っていう証拠です。

パニック障害もちの妊婦さん、安心してください。

赤ちゃんはとっても元気ですよー!

心配しなくて大丈夫ですよー!

しばらく胎動がないときは受診を

でも、しばらく胎動がないなと思ったら産婦人科に連絡して診てもらってください。

胎動があれば、赤ちゃんは元気です!

まとめ:パニック発作中に赤ちゃんが苦しむことはほぼない

妊娠中、パニック発作が出るたびにお腹の赤ちゃんも苦しんでないか心配でした。

そんな心配とは裏腹に、胎動は激しくなるばかり。

胎動は赤ちゃんの元気さの指標ですから、発作中も胎動があれば安心です。

息子は、妊娠中に心配していた薬の影響やパニック発作の影響もなく、健康体で産まれてきてくれました。

立派に泣き、おしっこもうんこもして、おっぱいにもミルクにも吸いついて。

くしゃみしたりあくびしたり、わたしの目の前で呼吸して生きていてくれていることが本当に本当にありがたいです。

産んでから、1秒1秒、幸せで胸がいっぱい。

分娩台の上で、赤ちゃんと一緒に不穏なものを全部出しきった気分です。

妊娠中、体がツラいことはたくさんあったけど、それを上回る幸せをこの子にもらいました。

パニック発作って苦しくてしんどくてたまらないですよね。

でも、赤ちゃんが胎動でお腹から応援してくれていることを忘れずに!

あなたが無事に出産されることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました