最新の映画レビューはこちら

映画『カメラを止めるな!』を夫婦で観た感想とレビュー評価 ネタばれ有り

映画

この作品で一番面白かったのは、冒頭で映画監督役の濱津孝之さんがものすごい形相で秋山ゆずきさんと長尾和彰さんに怒鳴り散らして詰め寄っていたシーンの真意を知った時だと思う。

あー、こんなことがあって、それでああなったのね。ていう感が面白かった。

マミー
マミー

ゾンビ映画を撮っていたら途中から本物のゾンビが出てきてパニック!でもなんとか生き残ったー!という内容の映画を、どうやって撮影していたかという舞台裏のストーリーがメイン。

「最初の37分以降からおもしろくなる」って聞いていなかったら、ちゃんと見てなかったかも!その言葉通り、37分以降は少しずつおもしろくなっていって、最後は完全に引き込まれて観てたわ。

映画自体は37分間のワンシーン・ワンカットで撮影されていたので、そのカメラワークとか裏側はすごいなーと感心する感じだったけど、37分以降のシーンは本当に全てワンカット撮影中のものだったかというと怪しい気がした。

最後のピラミッドを作るところとか、カメラを持ち上げていくスピード感とかが、ワンカット映像最後の血の五芒星シーンの上がり方と違ったような気がしたから、舞台裏は後から足してる部分もあるのかな?

そう思って見返してみたら、カメラを持ち上げていくスピード感もあってました!すごいカメラワークだったね。

そして監督は常に映らないようにカメラの後ろを追いかけていたらしい(笑)

マミー
マミー

ワンカットで撮った映画とは思えなかった!

アドリブもあったらしいけど、スムーズに話が進んでたし、あえてわざとらしい演技にしていた理由もわかったし、おもしろかった。

低予算だからグダグダになるかと思いきや、シンプルながらも構成がちゃんと考えられていて最大のパフォーマンスをしてたと思う。

1回さらっと観て、2回目に副音声つき(テレビ放送)で観たらおもしろさ倍増したよね!

これから観る人には、ぜひ副音声をONにして2回観ることをおススメしたい!!

全体レビューでも書いたけど、見終わった感想として「三谷幸喜さんの作品みたい」と思った。舞台裏のヒューマンドラマの感じとか、三谷幸喜さんの表現に少し劣る感じの作品という印象。

なんだかもう一度『ザ・マジックアワー』が見たくなった。

ちなみに調べてみたところ、三谷幸喜さんの『ラヂオの時間』という作品に作りなどが似てるらしいよ。

ボクはこの作品を見てないから、ぜひ見てみたい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました