最新の映画レビューはこちら

《2019年7月》5人家族の生活費内訳:生活費は妥当、でも見直しの余地あり

家計

わが家は 2019年4月に3人目を出産後、パパは育休を、ママは病気休業を取得中です。

夫婦そろって1年間休職する生活がスタートして、はや4ヶ月が経過!

夫婦で休職した場合、家計の収支変動や貯蓄の増減が気になるところ。

そこで、2019年4月から2020年3月までの1年間、わが家の家計簿を公開することにしました!

この記事は第4弾めの家計簿公開で、わが家の2019年7月における収入・支出・累計収支をまとめています。

良ければ2019年4月・5月・6月の家計簿もご覧ください。

それではさっそく2019年7月の家計簿を公開します!

こんな人におすすめ
  • 5人家族の生活費がどれくらいか知りたい
  • よその家計が気になる
  • 夫婦揃って育児休業を取得しようと考えている
  • 夫婦どちらかが病気休職中に子どもが産まれた、もしくは産まれる予定
  • 出産にともなって会社勤務をどうしようか悩んでいる

家族構成と居住形態

家族構成

わが家は、夫婦+子ども3人の5人家族です。

子どもはみんな男の子で、長男(4歳)・次男(3歳)・三男(0歳)です。

ふぁみまま
ふぁみまま

夫もわたしも31歳。わたしはパニック障害の療養のため、出産前から病気休職中。心療内科の先生が治るのにあと1年くらいかかりそうって言ってたから、1年後くらいの復職を見込んでる。

2019年7月も、引き続き病気休業中。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

僕は今年の4月から育児休業をもらって、妻と一緒に家事育児をしているよ。2019年4月~2020年3月までの1年間は、夫婦2人とも会社を休んで、育休手当金と傷病手当金をもらいながらの生活!

居住形態

関西の戸建て一軒家に住んでいます。

車も持っていて、貯蓄をするなら持たない方が良いと言われているものをすべて持っている状態です。

2019年7月の収入

2019年7月の収入総額

2019年7月の収入は13,709円でした。

2019年7月の収入内訳

2019年7月の収入の内訳はこんな感じです。

今月は育児休業手当金、傷病手当金などはありませんでした。

項目金額
医療費還付金\13,709
合計\13,709
ふぁみまま
ふぁみまま

医療費の窓口支払額が限度額を超えていて、その差額が返還されたよ。

でも収入がこれだけって…!

もし先月(6月)のボーナスがなかったら…、うわぁ~考えたくない!!

2019年7月の支出

2019年7月の支出総額

2019年7月の支出総額は415,435円でした。

2019年7月の支出内訳

2019年7月の支出の内訳はこんな感じです。

なお、わが家はおこづかい制ではないので、おこづかいの項目はありません。

項目金額
食費(外食費含む)\58,990
住宅費(ローン2ヶ月分)\148,286
光熱費\9,398
日用品・雑貨\16,217
税金\27,600
通信費\15,685
被服代\1,184
美容費\1,620
保険\19,124
趣味・娯楽(酒代含む)\5,986
交通費(ガソリン代含む)\11,374
交際費\0
教育費(主に保育園代)\46,484
医療費\14,140
ベビー用品\3,885
ブログ運営費(3年分前払い)\35,001
その他\461
合計\415,435

食費

食費の内訳はこのようになりました。

項目金額
食料品\46,599
お菓子・コーヒー・ジュース\2,538
外食費\9,853
合計\58,990
ふぁみまま
ふぁみまま

今月は夫が減量期でヘルシーな食材を中心に買い物してたから、食料品が安く済んだ~!

お昼ごはんは毎日同じメニューで、鶏むね肉・冷凍ブロッコリー・納豆・卵!

光熱費

光熱費の内訳はこちらです。

項目金額
ガス代\3,605
水道代(2ヶ月毎)\0
電気代\5,793
合計\9,398

日用品・雑貨

日用品・雑貨の内訳はこの通りです。

今月はAmazonプライムセールのときに日用品のまとめ買いをしました。

夜寝る時だけ使用している長男と次男のおむつは、消耗品費として計上しています。

(三男のおむつはベビー用品の費目に計上。)

項目金額
雑貨\6,896
消耗品\9,131
文房具\190
合計\16,217

通信費

通信費の内訳はこんな感じです。

モバイルルータは解約予定!Office365は解約するかどうか検討中…。

項目金額
インターネット\4,480
テレビ\2,310
モバイルルータ\3,684
スマホ(2台)\4,239
Office365\972
合計\15,685

保険

保険の内訳です。

生命保険は、夫は掛け捨て、わたし(妻)はドル建ての貯蓄型終身保険に加入しています。

項目金額
会社で加入している団体保険(夫)\7,907
生命保険(夫)\3,766
生命保険(妻)\7,451
合計\19,124

趣味・娯楽

趣味・娯楽の内訳はこんな感じです。

項目金額
レジャー\1,500
映画\2,900
お酒代\661
嗜好品(夫のタバコ代)\450
書籍・雑誌\475
合計\5,986
ふぁみまま
ふぁみまま

映画は、夫が長男と次男を連れて『トイ・ストーリー4』を観に行ったよ。

キャラメルポップコーンを食べながら観たようで、子どもたちは大喜びだったみたい!

交通費

交通費の内訳はこんな感じです。

わが家は郵便代・郵送代を交通費の費目に振り分けています。

項目金額
ガソリン代\5,774
公共交通機関\3,900
駐車場代\1,380
郵便代\320
合計\11,374

医療費

医療費の内訳はこんな感じです。

予防接種は市の助成金クーポン5,000円分を利用し、残りの金額を窓口で支払いました。

項目金額
自費の予防接種(ロタウイルス)\9,040
医療書類\2,160
その他通院費\2,940
合計\14,140

2019年4月からの累計収支

収入から支出を引いた7月の収支および2019年4月からの累計収支はこんな感じです。

なお、2019年6月時点の累計収支は1,351,578円でした。

収入\13,709
支出\415,435
2019年7月の収支\-401,726
2019年4月からの累計収支\949,852

先月のボーナス様様~!

今月だけだと40万円の赤字でしたが、6月に入ったボーナスのおかげでなんとか生活できました。

詳細分析

今月は収支報告だけでなく詳細分析もしてみました。

  • 1ヶ月分の支出にならした場合の支出総額はどうなるか
  • エンゲル係数で生活水準を確認(今の生活が貧しいのか豊かなのかがわかる)
  • 収入に対する家計の理想比率と比較して課題の洗い出し

1ヶ月分の支出額

今月は、2ヶ月分のローンを支払ったり、水道代の引き落としがなかったり、1ヶ月の支出としては参考にならない部分があります。

そこで1ヶ月分にならしてみました。

  • 住宅費:2ヶ月分のローン支払い→1ヶ月分に修正
  • 水道代:2ヶ月ごとのため今月は引き落としがなかった→1ヶ月分(約4,000円)を追加
  • 税金 :育休中のため自分で支払い中→本来なら給与から天引きされるため0円に変更
  • ブログ運営費:一般家庭にはない費目のため0円に変更

というわけで、育休をとらず出社して働いていると仮定した場合の今月の支出は…282,691円に!

5人家族の1ヶ月の支出としては理想的な額です。

項目金額
食費(外食費含む)\58,990
住宅費 ※ローン1ヶ月分\74,143
光熱費 ※水道代+4,000円\13,398
日用品・雑貨\16,217
税金 ※本来は給与天引き\0
通信費\15,685
被服代\1,184
美容費\1,620
保険\19,124
趣味・娯楽(酒代含む)\5,986
交通費(ガソリン代含む)\11,374
交際費\0
教育費(主に保育園代)\46,484
医療費\14,140
ベビー用品\3,885
ブログ運営費 ※一般家庭にはない費目\0
その他\461
合計\282,691

※表中の赤字は修正・変更した箇所です。

わが家のエンゲル係数

エンゲル係数は、総支出に占める食費の割合(外食費含む)のことです。

一般的に、その数値が低いほど家庭の生活にゆとりがあると考えられています。

今回、わが家の家計だと生活レベルがどうなのか知るために計算してみました。

エンゲル係数(%)=食費÷総支出×100

この数式に当てはめて計算したところ、わが家のエンゲル係数は約21%でした。

日本は22%~26%くらいが平均的なエンゲル係数なので、わが家の生活レベルは一般的なようです。

ちなみにアメリカの平均的なエンゲル係数は約15%だそうです。すごい!

生活レベルを数字で可視化できておもしろいので、気になる方は一度計算してみてください。

収入に対する家計の理想支出額

手取り30万円と仮定して理想の支出%の金額を計算し、比較してみました。

理想より現実の出費が多い費目を赤くしています。

預貯金は毎月決まった額を決めておらず、余ったお金をそのまま貯蓄しているので0円としています。

項目わが家の支出金額理想の支出金額
食費(外食費含む)\58,990\45,000
住宅費\74,143\75,000
光熱費\13,398\18,000
日用品・雑貨(ベビー用品含む)\20,102\6,000
通信費\15,685\15,000
被服代・美容費\2,804\6,000
保険\19,124\12,000
趣味・娯楽(酒代含む)\5,986\9,000
交通費(ガソリン代含む)\11,374\6,000
交際費\0\6,000
教育費(主に保育園代)\46,484\12,000
医療費\14,140\3,000
お小遣い\0\24,000
預貯金\0\54,000
その他\461\9,000
合計\282,691\300,000
ふぁみまま
ふぁみまま

おむつ代がかさむ日用品は仕方ないし、 医療費も削りようがない。

教育費は2019年10月以降、幼児教育無償化が適用されてグッと下がる予定!

保険は、約7,500円はわたしの貯蓄型生命保険。

貯蓄型だから預貯金の項目に変更しようかな!そうすれば理想の支出金額に近くなるね。

となると、わが家の課題は食費!

約6万円の食費を4万5千円にどう近づけるか…?

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

僕たち、被服代・美容費に全然お金をかけてないね(笑)

もう少しお金をかけるようにして、もっと外見を磨いていこうか!

ふぁみまま
ふぁみまま

あらほんと(笑)

いつまでも素敵な人でいられるように外見を磨く努力もしなくちゃ~。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

あと、いま貯蓄を全部普通預金で持っているから、それを運用したい。

増えない金利で貯めていくより、投資で資産を増やしていきたいね!

ふぁみまま
ふぁみまま

そうだね。余剰資金で資産運用していこう!

まとめ

2019年7月の収入は13,709円、支出は415,435円でした。

今月は収入が医療費の還付金のみだったため40万円の大赤字でしたが、先月のボーナスのおかげで累計収支は黒字をキープ!

今月は家のローンを2ヶ月分支払ったりしていたので1ヶ月分の支出に修正したところ、合計支出は約28万円と理想的な数字になりました。

また、わが家のエンゲル係数は約21%で、貧しくもなく裕福でもなく一般的な生活水準だということが判明。

ただ、理想の家計と比較したところ、食費に改善の余地がありそうなので来月は食費をうまく調整して生活できればと思っています。

また、普通預金口座にお金を入れておいても全然増えないので、余剰資金を運用して資産を増やすために投資を始めようと考え中。

それではまた来月の報告を楽しみにしていてください!

※動画でも毎月家計簿を配信しています。ぜひチャンネル登録よろしくお願いします!

【家計簿】5人家族のリアルな家計簿を公開!2019年7月分 詳細分析をすると見直しの余地があった

コメント

タイトルとURLをコピーしました