最新の映画レビューはこちら

『ゲームは人生の役に立つ。』レビュー。意見の異なる夫婦で読んだ本音の感想・意見

書籍

今回は、小幡和輝さん(@nagomiobata)の最新著書『ゲームは人生の役に立つ。生かすも殺すもあなた次第』を31歳の夫婦で読みました。

タイトルにあるとおり「ゲームが人生の役に立つかはあなた次第」という、ゲームとのかかわり方について小幡さんの実体験と、小幡さんと親交の深い方たちとの対談を通して考えていく話です。

この本のメインターゲットは「子育て世代の親」です。明確に書かれていませんが、読んだ私たちはそう感じました。

子育ての中で次のようなことを考えている人が読めば、あなたの考え方を少し広げてくれます。
こちら小幡和輝さんの公式ブログで、一部無料で読むこともできます

【無料試し読み】#ゲームは人生の役に立つ ~生かすも殺すもあなた次第|小幡和輝オフィシャルブログ 不登校から高校生社長へ
こんにちは! ゲームのオンライン家庭教師『ゲムトレ』代表の小幡です。 僕の著書「ゲームは人生の役に立つ」の一部を無料公開

ゲーム肯定派・ゲーム否定派のどちらも新たな気づきが得られます。

  • 子どもがゲームばっかりしてるから将来が心配
  • ゲームを止めさせた方がいいの?
  • ゲームばかりで暗い子になっちゃうのかな
  • 夫が子どもにゲームばかりさせてるのが心配
  • 妻が子どものゲームに理解を示してくれない

私たちは、夫婦でこのようなスタンスでこの本を読みました。

ふぁみぱぱ

  • ゲーム大好き
  • 小学生のころからゲームをやってきた
  • 周りの友達もゲームをしていた
  • 子どものゲーム肯定派
  • 将来は子どもとゲームをしたい

マミー

  • ゲームに一切興味なし
  • ゲームをしている友達は多かったがゲームが話題にあがることは少なかった
  • 子どものゲーム否定派
  • 子どもには体を動かして外で遊んで欲しい

『ゲームは人生の役に立つ。』著者の小幡和輝さんについて

著者の小幡和輝さん (@nagomiobata) を簡潔に書くとこんな感じの方です。

幼稚園のころから休みが多くなり、
10年ほど不登校が続き、
不登校中に3万時間をゲームに費やした24歳

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

幼稚園から不登校で、小中学校とほとんど行ってなかったっていうのは、ぼくたちからすると考えられない感じだね。

マミー
マミー

幼稚園のころからって何があったんだろう。

そんな状況の中ゲームによって救われて、著書を持ち、内閣府地域活性化伝道師として活動されているとのことで驚きです。

すでに第1作目で『学校は行かなくてもいい』という本を出版されていて、こちらも不登校に悩む方の希望になる本のようです。

今回の『ゲームは人生の役に立つ。」は、そんな小幡和輝さんの第2作目となります。

『ゲームは人生の役に立つ。』を実際に読んでみて

タイトルや表紙とのギャップ

マミー
マミー

本の表紙にコントローラが描いてあるから、てっきりテレビゲームが人生の役に立つ話なのかと思った。

ゲームっていうと、画面と向きあってするものしかイメージが湧かないなぁ。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

うん、ゲーム=テレビゲームっていう感覚だよね。

マミー
マミー

私はテレビゲームに全く興味がないから、

「ゲームをずっとやってるとどう役に立つのかな?」

「私もゲームしとくべきだったのかな?」

っていう好奇心を持ちながら読んだよ。

でも実際に読んでみると、囲碁とかスポーツもあってコントローラを使うゲームの話だけじゃなかったね。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

広い意味でのゲームという話を取り扱ってるみたい。

マミー
マミー

本当は、興味のないテレビゲームに興味を持たせてほしいという期待もあったんだけど、そういう点では少し期待外れかな。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

囲碁や将棋、カードゲームとかの話も出てたけど、そういうのはテレビゲームと違ってそんなに印象悪くないもんね。

ぼくはゲーム全般肯定派だから、この小幡さんなりの意見を見てみたいなっていう思いで読んでたよ。

『ゲームは人生の役に立つ。』のジャンルやターゲット

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ゲームを正しく活用し、人生を豊かにするツールとして使って欲しいです。
社会人に向けた自己啓発本であり、子育て本でもあります。

出典:小幡和輝オフィシャルブログより

この本のジャンルについてご本人が書かれていますが、自己啓発本という印象はあまりなかったかな。

子育て本という方がしっくりくるね。

マミー
マミー

ゲームが大好きな子を持つ親に向けた本っていう印象だね!

本の構成やストーリー

マミー
マミー

対談形式の本だから、起承転結もストーリー性もなくて、章立ての感じがちょっとわかりにくかったかな。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

確かに。

対談っていうことであれば、本じゃなくて動画でリアルな話しぶりも含めて見たかったな。

マミー
マミー

うんうん、動画だとわかりやすいかも!

家事しながら音声だけ聞いたりもできるしね。

気になったところは本で読む、って感じで。

保護者から見た「子どもがゲームをする姿」

マミー
マミー

保護者の視点からはゲームをしている子どもを見ても、何かが積みあがってるとは思えないんだろうね。

出典:『ゲームは人生の役に立つ。』

この言葉、すごく共感できた。

子どもたちが夢中でも、側で見てる親の立場からすると

「何か積みあがってるの?」

ってモヤモヤしちゃうのが本音かな。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

なるほど。

マミー
マミー

でも小幡さんみたいに、ゲームの大会に積極的に出て他の子と交流していくのは良いことだよね。

そういう大会で勝つことで自己肯定感を得られたのも良いね

ゲームっていうと引きこもって一人でずっとしてる印象だったから、こういったゲームの仕方なら良さそう。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

確かにね。

何かをして積みあがるのは「知識」みたいなものを想像しがちだけど、コミュニケーションの方法とか好奇心とかの面でも積みあがってそうだね

子どもの頃にゲームをできなかった子は大人になって後悔するのか

マミー
マミー

親の方針とかでゲームをやってこなかったことを、今になって後悔している人は結構多い。

出典:『ゲームは人生の役に立つ。』

わたしは親の方針でゲームが家になかったのもあったけど、わたし自身が興味持たなくて全然ゲームに触れずに31年間生きてきた。

それを後悔したことは1ミリもないよ。

友達にゲームをしている人もいたけど、会話ができなくて困ったりとか、ゲームしといたら良かったって後悔したこともないなぁ。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

確かに。

マミーと周りの友達を見てると、異文化というか全くゲーム臭がしないよね。

なんていうか、ゲームという概念の無い世界みたい(笑)

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ゲーム好きな人しか周りにいない環境で育ってるからそう感じてるのかな。

でもこれは男性と女性で少し違うかもしれないね。
勝手なイメージだけど、子どものころの印象では男の子の方がよくゲームをしてたと思うから。

マミー
マミー

そのイメージはあるね。

女の子はゴム跳びとかピアノ、おままごととかをしてたね。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ゲームは世代間で共通の話題作りにもってこいだと思うけど、ゲームの話に入ってこれない人は、仕事合間の談笑とかでも少し会話に入りづらそうにしてるよ。

それだけゲームが世の中に浸透してるんだなって思ってるけど。

マミー
マミー

そうなんだ…。

本の中でも書かれていた通り、ゲームの市場規模ってけっこう大きいから、わたしみたいに全くゲームしてこなかった人のほうが、周りの人からすると不思議なのかもしれない!

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ぼく自身も仕事場では「かたい」って思われてるけど、ゲーム好きだってことが伝わると打ち解けやすくなるし、親しみを持ってくれるようになるよ。

マミー
マミー

うんうん。

そういう観点だとゲームっていいね。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

でもこれってゲームに限った話じゃなくて、「共通の話題」とするためのツールだね。

コミュニケーションのツールとしても、ゲームも良いものですよ。っていうくらいの感じだね。

じゃぁ子どもたちにゲームをさせた方が良いの?

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

今はスマホでも簡単にゲームができて、これからももっとゲームは増えてくると思う。

ぼくたちの子どももゲームと切り離して生活させるって無理だと思う

それであればこの本を読んでおいて、ゲームを「ツール」としての活用の仕方を学んで、子どもたちにそういう支援をしてあげられると良いよね。

マミー
マミー

うんうん!そうだね!

熱中して遊んでいる人は魅力的か?

マミー
マミー

そんなことが書かれてあったけど、ゲームに関して言うと、むしろ熱中している人は「入ってこないでオーラ」が凄くて近寄りづらいかな。

とてもじゃないけど、魅力的っていう感覚はないなぁ。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ぼくも小学生のころ、友達のお兄さんがゲームでうまくいかないとコントローラを投げたりするのを見て、熱中してる人はやばい印象しかないなぁ(笑)

マミー
マミー

性格変わる人いるよね…。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

やっぱりゲーム=テレビゲームとして捉えてるからなのかな。

結局は熱中の仕方や、人によるっていうのが大きいね。

マミー
マミー

そうだよね。

自分が囲碁とか将棋してても、熱中してると頭フル回転してるから、声かけないで!って思っちゃう。

魅力的には見えてないと思うわ~(笑)

ゲームをしているとなぜ怒られるのか?

マミー
マミー

母親の立場からすると、ゲームの内容を理解できないから「何をしているのか見えない」っていうのがあるかな。

それに、ゲームに熱中しだすと「構うな」っていうオーラが出たり、コミュニケーションが減ったりするから寂しいっていうのもあるのかも。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

なるほどね。

マミー
マミー

この本にはそういう観点がないよね。

ゲームをしてきた人の観点で「ゲームはいいよ。」って書いてあるけど、その人を取り巻く、周りの人の観点は一切書かれてないよね。

「自分はゲームばかりしてきたけど大丈夫だった」と思っているあなた

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

「自分はゲームばかりしてきたけど大丈夫だった」と言う人がいるけれども、そういう人は結局自分のことしか見えていない。

「あなたは大丈夫だと自分では言っているけれども、画面と自分だけだったから、奥さんの気持ちもわからない人間になっちゃったんでしょ!」

出典:『ゲームは人生の役に立つ。』

この言葉には少しドキっとしたかな。

やっぱり全体を通して「ゲームは良いよ!」っていうことが言いたいんじゃなくて、コミュニケーションツールの1つとしてゲームも使えますよって言ってるんだね。

マミー
マミー

うん、確かにそうだね。

ゲームの中でもカードゲームっていいの?

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ぼくは昔からカードを売り買いするっていうのができなかった。

特に売るっていうのは保護者の許可がいるけど、「ものを大事にしなさい」の教育方針で売れなかったのはつらかったなぁ。

カードゲームの売り買いとかって、本に書かれてるようにビジネスとか交渉とかのスキルは養われると思うし。

マミー
マミー

確かにそれは思った。

カードゲームでの売り買いで商売の基礎を学べるのはいいよね。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

それにしても、「カードの価値が高まったら売る」っていう話があったけど、カードの価値が高まる=強いカードっていうことで、本来デッキに組み込んで自分で使って勝ちたいと思うんじゃないかなぁ。

売り買いをメインに考え出すと、カードゲームを遊ぶっていう感覚ではなくなるから、この小幡さんはどういう気持ちでカードゲームを遊んでたんだろう。

マミー
マミー

ホントだね…。

売ったお金で、もっと欲しいカードを買ってたのかな?

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

でもカードの価値を見極めて、カードを資産として売り買いによって自分で好きなものを手に入れるっていう経験は、すごく良いことだと思う。

『ゲームは人生の役に立つ。』に書かれていない観点

マミー
マミー

ゲームの話がいろいろと書かれているけど、ゲーム以外の話題ってどうしてるんだろう?

それに、親との会話、親との関係性ってどうなってたんだろうね

いくらこの小幡さんが外にいっぱい出て友達とゲームをしてたって言っても、親であればとても心配な状況には変わりないと思うんだけどなぁ。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

確かにね。

テレビゲームに限らないのかもしれないけど、家族との会話や関係性が希薄になる印象はあるもんね。

4人との対談についても同じ内容を繰り返している部分も多いよね。

マミー
マミー

うん。

この人たちはどちらかというと小幡さんと同じ「ゲームは悪くないよ」っていうスタンスの人たちだもんね。

正反対の否定派との対談っていうのもないし、ちょっと説明の視点が一方向に寄ってるから、多角的な検討がないよね。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

できればそういう観点も今後ブログで補足したりして欲しいね。

もしかすると第1作目に書かれてるのかもしれないけど、1つの本で完結できるように書いてほしいね

こんな内容があったらよかったな

マミー
マミー

私としては30,000時間もゲームをしたんだったら、ゲームに全く興味のない私みたいな人でも興味を持てるようなゲームを紹介してほしかったな

子どもたちがどうせ遊ぶことになるなら、せめて少しでも一緒に楽しめれば嬉しいから。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

確かにね。

いろんなゲームをやってきたと思うし、子どもに理解を示せるように何か一緒に楽しめるゲームを紹介してほしいね。

人生ゲームみたいなボードゲームは家族で楽しめるよね!

マミー
マミー

うんうん、それなら私も楽しめそう(笑)

『ゲームは人生の役に立つ。』を読んで良かったことは?

マミー
マミー

今まではゲームというと完全否定だったけど、これを読んでからは「アカンで!」と頭ごなしに否定することはなくなったかな

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

それは良かった。

ゲーム肯定派としては嬉しい変化。

マミー
マミー

だからと言って、今ゲームをやっていない子どもたちに「ほらほらゲームゲーム!」って積極的に勧めるかと言われると、そうではないけどね!

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

『ゲームは人生の役に立つ。」を読んでのまとめ

ゲーム肯定派のパパと、ゲーム否定派のママで『ゲームは人生の役に立つ。」を読みました。

この本を読むことで、ゲームをコミュニケーションツールの1つとして捉えて、有効に活用するという考えが学べます

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

『ゲームは人生の役に立つ。』のサブタイトル、『生かすも殺すもあなた次第』ってある通り、どうせ遊ぶならゲームをどう生かすのか?という1つの方法が学べるね。

マミー
マミー

そうだね。

本の中ではコミュニケーションツールとしての活用方法が書いてあったね。

ふぁみぱぱ
ふぁみぱぱ

ゲームは決して悪いものではないというのを推しながらも、ゲームとの関わり方についてはちゃんと注意するように書かれている点が良かったね。

マミー
マミー

ゲームに否定的な論理的な意見などは無かったから、そういう点はきちんと読む人が考えないといけないね。

少しでも興味を持たれた方は、ぜひ確認してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました